About us

経済的・環境的な持続可能性の追求が、URLARの原動力となっています。これらの取り組みにより、土壌に生命力を与え、バランスの取れた持続可能な形でブドウ園を管理しています。この取り組みには、有機コンポスト堆肥や液肥の利用や、植物の生物多様性の向上への取り組みが含まれています。

バイオダイナミック農法を活用し、太陽、月、天体などの動きの影響を考慮した作業を行います。この取り組みは高い評価を受けています。

私たちは、土壌に悪い影響を与えることなく、美しくクリーンな香りと味わいを持つ、「うまい」ワインと胸を張れるワイン造りをおこなっています。

栽培醸造責任者 小山 浩平

東京大学卒業後、東京、ロンドンなどの金融機関で11年間働き、赴任先のロンドンでワインに目覚める。 理想のワイン造りを求めて、家族でニュージーランドに移住。南半球で最も古い農業学校であり、そして世界的な研究機関としても名高い「リンカーン大学」で学び、ブドウ栽培・ワイン醸造学科を首席で卒業。

DuMOL(米国カリフォルニア・ロシアンリヴァー)やBell Hill、Muddy Water/Greystone (ニュージーランド・ワイパラ)などで栽培醸造経験を積んだ後、ネルソン近郊のパーマカルチャーエコビレッジ内でブドウ栽培・ワイン造りを開始。栽培から醸造までの全てを自身で管理する栽培醸造家として注目されてきた。

URLARでは栽培醸造総責任者としてチームを率い、URLARの大地から生み出される最高のワインとストーリーをお客様にお届けする

Our wines and vineyard

URLARワインは自然環境が持つ魅力を余すことなく香りと味わいに反映したものです。調和の取れた生き生きとした香りのソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、 ピノ・グリ、そして力強く大地感に溢れるピノ・ノワールとさまざまなワインを揃えています。

31ヘクタールの自社単一畑は、古くから水はけの良い自由排水の土壌に面していて、7年ごとに樹間の輪作を行うことで、 生物多様性に満ちた健康な土壌を維持しています。樹間には毎年様々な植物や野の花を植えています。ソバ、ルピナス、イラクサ、 タンポポ、ノコギリソウなどの花は益虫を呼び寄せ、健康なブドウ樹の維持に寄与します。

Our People

Jannine Rickards

醸造担当

オーストラリア/ニュージーランドの高級レストランおよび食品輸入業務でキャリアを開始。2003年にホークス・ベイでの仕込み経験を機にワイン造りの世界へ。ブルゴーニュ、カリフォルニア、南アフリカ及びオレゴンでの仕込み経験後、Ata Rangi (マーティンボロ)のアシスタントワインメーカーに就任。醸造学位取得後、再度渡仏。その後Pegasus Bay (ワイパラ)での経験後、2017年URLAR醸造担当に就任。ジェニーと彼女のパートナーは所有する土地にオフグリットのパーマカルチャー農園を作りたいと思っている。オーガニックフード、自給自足による生活をサポートし、週末は山で狩猟。 URLARでは醸造担当として、高品質のワイン造りに貢献。樹齢を追うごとに表現されるURLAR独自のスタイルを表現していく

read more

Bevan Lambess

栽培担当

地元生まれ地元育ち。ビベンは4年間海外で過ごした後、マッセイ大学で経済を学ぶ。金融セクターで数年働いた後、屋外での仕事を志向し、ブドウ栽培へと導かれる。その後、EIT(ホークス・ベイ)にてブドウ栽培学を修める。地元育ちの地縁を活かし、ワイララパ地域にあるほぼすべてのぶどう畑にて経験をし、栽培技術を体得。2012年URLAR参画。タルーナカレッジ(ホークス・ベイ)にてオーガニック・バイオダイナミック栽培資格を取得し、認証オーガニックブドウ栽培を主導。 URLARでは栽培担当して、オーガニック・バイオダイナミック栽培を通じて、地味を体現した高品質のブドウを育て上げる

read more

Karen Sims

ロジスティクス

ワイララパ出身。ワイカト大学で日本語と国際マーケティングを学び、オークランドのウィルソン&ホートンにてメディアとマーケティングを経験。ENZA、Nelson、Living Earth 製堆肥ロジスティクス、Fonterra Dairyでのアドミン業務などを経験。

家族で郊外に9エーカーの 土地を購入。ストローベイルを使用した家を建て、有機栽培とバイオダイナミック農法を取り入れた 持続可能なオフグリッドのライフスタイルを送る予定。URLARでは、ボトリング、ラベリング、 出荷、書類作成などに従事。

read more

Mark Round

栽培助手

30年間ニュースメディア業界で働いた後、ブドウ栽培の世界に。 香港と英国で育った後、イブニング・ポスト、サウスチャイナ・モーニング・ポストのフォトグラファー、またドミニオン・ポストのチーフフォトグラファー兼編集者として働いた経験を持つ。URLARに参画する以前、フェアファックス・メディアのビジュアルマネージャーも務めてた。1995年カンタスメディアアワードで「ニュー ジーランド・プレス・フォトグラファー・オブ・ ザ・イヤー」を受賞。土地の美しさに惹かれURLAR で働くことを決意。オーガニック認証を受けたブドウ園の管理に欠かせない様々な農機を操作し、雑草や樹間管理などを担当。ブドウ樹管理のための持続可能な手法について科学的背景を探求。 また業務効率化や持続性を高めるための「KAIZEN(カイゼン)」提案も得意としている。

read more

Evie Livesey

醸造助手

2004年にスコットランドからニュージーランドに移住しホークス・ベイの農場に家族とともに定住。この地に暮らすことからワイン業界への情熱に目覚める。リンカーン大学でブドウ栽培とワイン醸造学の学士号を取得。学業の傍ら、セントラル・オタゴやホークス・ベイの様々なワイナリーで経験。 2016 年にイーランズ・エステー トで最初のワイン造りを行った後、フランス・ボルドーでもワイン造りを経験。ニュージーランドに帰国後、セイクリッド・ヒルのワイナリー業務に従事。 2018年、再びヨーロッパに渡り、ポルトガルとイギリスの両国にあるワイナリーを経験。有機ワイン醸造の重要性を認識。 小規模で絆の固いチームで有機ワイン造りをするべく2019年2月にURLAR に入社。

read more

Martin Carrington

セールス・マーケティング

URLARワインの営業担当。ワインと食品に関するキャリアは、オーストリア旅行中、レストランのワインリストづくりを任されたことから始まる。旅行の際、世界中のワイン生産地を必ず訪れ、自然にワインが趣味から仕事に変わっていった。 ワイン、チーズ、レストランのコンテストでの審査経験、ワインと食品の小売店オーナー、ポンソンビー通りでレストランのパートオーナー、ブランド管理、販売管理、広報などの多くの経験を持ち過去 30 年以上にわたり、ワインと食品のホスピタリティに関するほぼすべての場面で働いて得たノウハウをURLARのために活かしている。

read more

Back to top